あの月に向かって打て



背番号00の男

トラックバックカテゴリ:スポーツ
背番号00の男



私は熱狂的な阪神タイガースファンだ。元々は母親が熱狂的で、「巨人ファンはうちの敷居をまたがせへん!」と言うのがモットーだ。友達を連れて行くと必ず「どこファン?」と訊ねている程だった。

1985年だった。母親は泣いていた。21年ぶりの阪神優勝。私も狂喜乱舞した。小学校4年生だった。阪神優勝の立役者は誰が見てもバース。私は掛布の大ファン(私の中のスーパースターは死ぬまで掛布)であったが、これは仕方がない。バース以外に考えられない。そのバースがタイガースを去る事になった。1988年のこと。確か、子供さんが非常に重い病気を患い、その為に帰国したバースをタイガースが解雇したのだ。私は憤った。あれほどの功労者に対して、その仕打ちはあまりにもあまりではないかと。その頃私はインドネシアにいた。父がインドネシアのバンドンに単身赴任しており、夏休みに遊びに行っていたのだ。数日間遅れて届く新聞を見ながら激怒していた。日本ではどんな騒ぎになっているのであろう。知る由もなかった。手段がないのである。常にタイムラグのある情報を我々は得ていたが、ある日の新聞を見て驚いた。

「バースに代わる助っ人来日!」

名前をジョーンズという。左投げ左打ちのバッターである。背番号は何と“00”聞いたことも無いような番号である。心配だった。それでなくても阪神は低迷している。どうなるものか… インドネシアにいながら、ジョーンズの活躍を期待した。そんな淡い期待は簡単に崩れ去る。

シーズン途中から突然掘り込まれたジャパニーズベースボール。簡単に活躍できるほど甘くはない。おまけに肩も痛めていたらしい。バースの次に来た外国人というだけの評判で、彼は阪神タイガースを後にした。

それから10年近く時間が流れて、私はアメリカへ留学していた。ある日、同じ大学のアメリカ人が友達同士で集まって、スーパーボールをTV観戦しようと言うので、私は遊びに行った。ほとんどパーティーのような状況で、皆でビールを飲みながらスーパーボールを見ていた。試合が終わって私はタバコを吸いにテラスに出た。タバコを吸っていると、近くに立っていた女性と目が合った。歳は同じであろうか。普通に挨拶した。彼女は私に日本人かどうか聞いてきた。日本人だと答えると、彼女は嬉しそうに「私は幼い頃、日本に住んでいたのよ」と言う。

「日本のどこに住んでいたの?」

「コービーよ。知ってる?」

「それはコウベのことかな?」

「そうそう!コウベよ」

そんな会話が繰り広げられた。神戸市に住んでいたらしい。おもむろに彼女はこう聞いた。「あなたは阪神タイガースを知っている?」おっと誰に向かってそれを聞いているんだ?「僕は阪神タイガースに全てを捧げている」そう答えた。彼女は手を叩いて喜んで、驚くべき事を言った。

「私のパパはタイガースの選手だったの!」

一瞬私の表情が固まった。

「ジョーンズって選手知ってる?」

「知ってるもなにも… 背番号は00でしょ?」

「そうそう!」

「左投げ 左打ちでしょ?」

「そうそう! あなたすごいわ!」

なんてことだ…  あのジョーンズの娘ではないか… 心の中でこう呟いた。

「故障しているのを隠して来日したくせに…」

とてもそれは言えなかったが、彼女は僕がそこまで自分の父親を知っていた事に、相当驚いていた様子だ。私も相当驚いた。まさか留学先で、元阪神の選手の娘に会えるとは。しかもあのジョーンズ。

その後、皆でバスケットボールをしたのだが、さすがはジョーンズの娘。運動神経は並々ならぬものがある。一人存在感を見せるプレーで輝いていた。

インドネシアで見た新聞の中のジョーンズと、アメリカで会ったジョーンズの娘。奇妙な取り合わせだが、負け続けても浮気せずにひたすら応援し続けた私へのご褒美だったのであろうか。

次はどこかの国で、ディアーの娘に会うかもしれない…
[PR]
by mau46 | 2005-10-07 19:46 | スポーツ
<< 泪橋とタキシード エスペラントとスポーツ >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧