あの月に向かって打て



ありがとうロッテ

トラックバックカテゴリ:スポーツ

私は熱狂的な阪神ファンである。
18年ぶりの2003年のタイガース優勝の時は、本当に涙を流しながらその様子を見たものだ。
普通は優勝すれば、
「やった!」「よっしゃ!」
などの言葉が出てくるのかも知れないが、私は違った。
「ホンマにありがとう」
だった。いつも心にこう思っていた。
『こんな素晴らしいシーズンを見せてくれて、優勝の喜びを与えてくれて、本当にありがとう。』

しかし、今年、2005年に優勝した時には、
「やった!」「よっしゃ!」
だった。
これはどういうことか。阪神の強さに私が若干慣れてしまったのかもしれない。
2003年の頃のような臆病さはなかった。
阪神はいつしか王者になっていたのだ。
苦節の18年を思い出さなければならないと自分に言い聞かせている。

先日、ロッテマリーンズがパ・リーグの優勝を決めた。
しかし多難な道のりだった。
優勝に王手をかけて4点差を守りきれずに負け、
その後、逆王手までかけられた時のロッテサポーター(って言うんですよね?)
の心中は察して余りあった。さぞかし胸を痛めたことでしょう。

あの絶対的守護神 小林雅英が守りきれなかった。
彼はどのような心境だったのであろうか。
『勝てる!』と思って固くなったか?
『勝った!』と思って固くなったか?
また、別の要因か...
彼に直接聞かなければわからないが、最終戦に小林雅英はそれを乗り越えて見事に勝った。

私は思わず涙を流してしまった。これはもらい泣きではない。
ロッテサポーターの気持ちがわかるのだ。31年ぶりの優勝だ。
今までどれほどつらい思いをしてきただろう。
それほどの屈辱を味わってきただろう。
個人的には、初芝や堀などの当時のロッテオリオンズを引っ張ってきた選手も胴上げして欲しかったが...

怖かったのが、その歓喜の姿を、唇を噛締めながらじっと見ていたホークスベンチだ。
ロッテの優勝が決定し、すぐに背中を見せてロッカーに帰る程度のチームなら先は無い。
しかし、彼らは恐ろしい形相でロッテを見ていた。

本当におめでとうロッテマリーンズ。
めちゃくちゃいい日本シリーズにしましょう!
心から祝福したい。



そして、ありがとうロッテマリーンズ.....
阪神ファンの牙を研ぎなおしてくれて.....
[PR]
by mau46 | 2005-10-22 16:57 | スポーツ
<< かえるの親もかえる お単細胞 >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧