あの月に向かって打て



かえるの親もかえる

トラックバックカテゴリ:スポーツ

先日、F1大阪グランプリを提案した。

週末実家に帰り両親と団欒。その時にF1大阪グランプリの話をした。

意外に話は盛り上がった。母親などは、

「ゴールを関空にして、実際に阪神高速の湾岸線を走った方が早く着くのか、阪和道(大阪と和歌山を結ぶ高速道路)を通った方が早いのか、自由に走らせて競わしたらええやん」

などと言い出す始末。

そこで、父親が口を開いたのは…

「実は会社で、最近ゴルフがイマイチ盛り上がらんなって話題になってな」

と言う。続けて、

「それで注目を集めるために、御堂筋(大阪を南北にど真ん中を走る道路)の梅田から難波までをパー20くらいで回ったらええねん。話題を集めるぞ~!って話になったんや」

なんと言うか、この親にしてこの子ありと言えばよいのか。
なんと似通った発想だ。

続けて父が言う、

「難関は本町やねん。御堂筋を阪神高速が横切っている。あの上を越すのは至難の技や。低い弾道で飛ばさなあかん。」

私が、

「それやったら、どうせ下はアスファルトなんやから、パターで一気に転がしたらええやんか」

父はナイスアイディアとばかりに、

「おっ!そうやな。それがええな」

たまらず母が、

「観客はどこで見るの? ビルの中から??」

私と父が、

「それはあかん!もし球がそれて窓ガラスを直撃したら、大変なことになる。だから観客も無し!割った窓ガラスはプレイヤーが弁償!テレビ観戦だけやな」

なんとあほな話だろう。しかし、こんな奇抜な発想からなにか面白いことは生まれてくるのではないか。以前、Raikkoさんから、

“スポーツ観戦者は「わかってない人」の方が多いからこそ生まれるアイデア、凄く多いと思います。”

とのメッセージをいただいた。そうなのだ。わかりすぎるから、既成・固定概念にとらわれてしまうのだ。

こんな何でもない話でも意外と盛り上がってしまう。これも新しいスポーツへの取り組み方ではないだろうか。


しかし、父も母も私も同じような発想を持っているとは…


かえるの親はかえるです


e0090292_1085889.jpge0090292_1075850.jpgP.S. 前にコラムで書きました、“F1とインディはどっちが速いんですか”のお答えを待っています。軽く書いたものの、気になって気になって。そんな車の異種格闘技もおもしろくないですか?同じコースを走ったら、どっちが速いんだろう???
[PR]
by mau46 | 2005-10-25 10:10 | スポーツ
<< 人気低下は誰のこと?? ありがとうロッテ >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧