あの月に向かって打て



人気低下は誰のこと??

トラックバックカテゴリ:スポーツ

最近、マスコミを通じてよく聞く言葉が、
“プロ野球の人気低下”
だ。
視聴率の低下、観客動員数の低下。ご丁寧に様々な数字を見せてくれる。
あたかもプロ野球存亡の危機のように…

果たして読者の皆様は、どのように一連の報道をとらえておられるだろうか。

我等が阪神タイガースの観客動員数は絶好調。今年から座席は完全予約制で、当日券の販売はなくなった。阪神戦を観に行くことがひとつのプレミアになっている。そこに胡坐をかいってしまっているところもあるが…
千葉ロッテマリーンズは、負けても負けても熱い声援を送る、燃えたぎったサポーターがたくさんいる。それらが今年の快進撃を支え、優勝させてしまった。
北海道日本ハムファイターズ。フランチャイズを東京ドームから札幌ドームに移し、完全に道民の心をとらえてしまった。
楽天ゴールデンイーグルス。かつてロッテに裏切られた仙台の野球ファンを、もういちどプロ野球へ呼び戻すため、これから浸透させていくのであろう。いや、すでに熱いファンは生まれている。

これはチームの運営努力に因る部分が大きい。
例えばTBS。筆者が大阪に住んでいるからわからないのかもしれないが、横浜ベイスターズの重要な試合中継や、プロモーションなどを積極的に行っていないような気がする。(某チャンネルの様な節操の無い報道をしろと言っているわけではない)

このコラムを読んで下さっている賢明な読者の方々はお分かりだろうがマスコミの言う、
“プロ野球の人気低下”
とは、
“東京読売巨人軍の人気低下”
という、論点のすり替えでしかないのだ。

いまだに某チャンネルは、『巨人が勝てば世の中安泰』という報道をしている。それがそもそものプロ野球ファンが離れていった理由だということにまだ気づかない。ドラフトやFAを巨人に有利な方へ全て操作する。確かにV9の功績は偉大だ。ON(王・長嶋)コンビもしかり。しかし、それは過去のもの。そのような一党独裁の時代は終わったのだ。現実に、王監督は巨人の監督を断ったではないか。某チャンネルを見ていれば、ほとんどが巨人のOBで固められている(ひとり私の永遠のスーパースターが巨人OBに紛れてしまっているが…)。まるで北朝鮮のテレビのような様相を呈している。また、
「2年も優勝から遠ざかっている巨人のファン離れは問題となっており…」
などの放送がされているが、巨人ファンに問いたい。
「たった2年でファンを辞めてしまうのですか? たった2年も待てないのですか?」
それはファンではないでしょう。
むしろ、こんな状況だから応援するくらいの気持ちでいてもらいたい。
今年後半でも東京ドームに足を運んだ巨人ファンは素晴らしい。このようなファンがチームを救うのだ。
私は阪神ファンだが、そのような巨人ファンには尊敬する。

我々阪神ファンは10数年もけなされ、ボロカスに言われ、そしてお荷物球団として扱われた。それでもファンを辞めなかった。かつてオマリーとディアーがお立ち台で、
「阪神ファンは一番やー!!」
と絶叫した。これは、そういった熱いファンを表してくれたのではないか。
だから、優勝して涙を流せるのではないか。

今シーズン開始前に、巨人が毎年恒例の宮崎でキャンプを張った。近くの小学校に訪れた長嶋一茂が小学生に質問。
「この中で巨人ファンの人、手を挙げて!!」
手を挙げた児童はまばら。そこで長嶋一茂の言葉。
「プロ野球離れは深刻だなぁ」
私は本質を見たような気がした。このような頭だから、プロ野球の正しい抜本的な改革というものが行われないのであろう。なんと思い上がった発言か!なんと自己中心的な発言か!

「自分のところ(巨人)が強ければ、それで良い」

その発想に多くの巨人ファンは愛想を尽かした事がなぜわからないのか。その節操の無さに恥ずかしさを覚えたファンは何人いるのか。これがこの球団の根本の実態である。

しかし、阪神も人気球団が故にそこに胡坐をかいている事は先にも述べた。FA選手の獲得が上手でなかった(石嶺・山沖など)ので槍玉に挙げられなかったのかもしれない。しかし、2軍をウェスタンで優勝させ、しっかりとした地盤を築き上げている事は確かだ。どこかの球団の飼い殺しとは違う。

「日本のプロ野球。捨てたもんじゃないです!面白いのはこれからです。」

私はこう言いたい。群雄割拠の戦国時代がきます。ロッテは今年、イースタンでも優勝しています。次の世代も育ってきているのです。なんと恐ろしい… ソフトバンクの選手目を読者は見られたか?恐ろしい形相でロッテを睨みつけていた。
来年のヤクルトは…どうかな?一度でいいから、
「代打、オレ!」
と言うのをみてみたい。(←意味わかります??) でも、話題を提供していることには違いない。

で、“取り残されているのはどこですか?”になる。

巨人は数年間苦しい若手の育成に力を注ぐべき。阪神も星野監督(当時)が優勝させてくださったが、野村元監督の若手育成の芽が育ったことに他ならない。その当時は厳しい状況だった。その苦労を巨人は味わったほうがよい。ルールを変更して、自分の有利にもっていこうとするから、ファンが離れる。セ・リーグにもプレイオフを導入しようという案があるが、ペナントレースを落とした巨人が敗者復活戦に利用しようとしているのが丸見えではないか。ファンは愛想を尽かせますよ。
仮に最下位になったとしても、若手がチャレンジしてなった結果だとすれば、心ある巨人ファンは明日の栄光を夢見て、温かい声援を送ってくれるはずだ。

プロ野球人気は低下などしていない。これから新しい時代を築き上げていくのだ。これからがおもしろいのだ。一党独裁の時代が無くなれば、本当のプロ野球の時代がくる。

P.S. でもね、福留も憲伸も関西に戻っておいでよ~。いつでもウェルカムよ。
[PR]
by mau46 | 2005-10-27 09:11 | スポーツ
<< マイナースポーツにはブレインス... かえるの親もかえる >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧