あの月に向かって打て



日本代表の監督

先ほどまでバルサTVを見ていた。
94年のクラシコ。まさにクライフ政権全盛の頃だ。

あのチームには美学がある。勝ち方にこだわりがある。
まるで”がんこ寿司”のようだ。
「美味しいだけでは叱られます」ってやつね。

今の日本代表に美しさはないなぁ~。
他の人はどう思うかわからないが、
”4点入れられても5点入れて勝つ!!”
ってなサッカーをして欲しいなぁ。

攻めて攻めて攻めて攻め続けた結果、負けてしまったなら誰も怒らないと思う。
負けないサッカーよりも、攻めて負けてしまうサッカーの方が未来は明るいと思う。

だからクライフのように攻めに美しさを求めるサッカーを目指して欲しい。

クライフにチュッパチャップス一生分をプレゼントするなどのオプションをつけて、日本代表監督に呼んで欲しいなぁ。

ベンゲルを招聘するなんて、安直過ぎる。

皆様、歯に衣着せぬご意見を賜りたいと思います!!


最後に: 今回はちょっとマニアックすぎた。クライフとはオランダ人で、現在のサッカーの基礎をつくった人と言っても過言ではないほどの人物。バルサ(FCバルセロナ スペインのチーム)の監督をしていた人です。

e0090292_23325313.jpg

[PR]
by mau46 | 2006-01-07 23:33 | スポーツ
<< 旅サラダ(ロンドン旅日記) ~... 旅サラダ(ロンドン旅日記) ~... >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧