あの月に向かって打て



日本対クロアチア 戦評

グループリーグ突破には今日の勝利が不可欠な日本。

ヨーロッパの強豪クロアチアを倒すためには、勇気を持った攻撃が必要である。
そして、1本でも多いシュートを。

にも関わらず、宮本を中心とするバックライン、一番後ろのディフェンスラインがあまりにも下がりすぎている。
バックラインが下がれば中盤との間にそれだけスペースが空くわけで、当然クロアチアはそのスペースを狙ってくる。

そんな弱気なディフェンス状況の中で、もっと決定的な弱さがあった。中盤の底のポジションである福西だ。
1戦目の敗戦では個人名を挙げることを避けたが、2戦目でも同じウィークポイントを突かれたため、敢えて挙げてみようと思う。
その空いたスペースにクロアチアがパスを供給するわけだが、そこをカバーするハズの福西が全く機能しない。
簡単にクロアチアの攻撃陣を突破させてしまう。本来の彼の仕事は相手の攻撃に対していかに時間をかけさせるかである。
そのタイムロスにより、日本はディフェンスに戻ってくることができる。
1戦目ではスタミナ切れか、歩く様子も目立ったが、今日はひどかった。マークにつく気があるのか、最初から諦めているのか、完全に消極的なプレーに見えたのは私だけであろうか。

また、クロアチアに決定的なPKを与えてしまったシーンも宮本がポジショニングで勝っていたのにも関わらず、簡単に体を入れ替えられて、思わず後ろからファール。
Jリーグの低レベルでは味わったことのないプレッシャーだったのであろうが、「守れた!」という気持ちの緩みが瞬間的に彼の脳裏をよぎったのかもしれない。
PKは川口が神がかったセーブを見せ、事なきを得たのであるが・・・
あのシーンは重要なシーンだと思う。

こうなれば勝てる要素がないわけだが、ゴールの匂いを感じるシーンはあった。
しかしやはりナカタだ。
彼のミドルシュートがクロアチアゴールを脅かす。また小笠原のミドルも良かったと思われた。

重症はFWである。何の仕事も出来ていない。
気持ちがこもっていない。
試合を観戦した方々は、心を打たれるシーンがあったであろうか。

試合の組み立ても工夫が無い。
相変わらずサイドチェンジもワンツーも無い。

唯一のワンツーでカジがつくったチャンスを柳沢が台無しにする。
その柳沢と交代した玉田もシュートチャンスにパスを出す失態を演じる。
一体1戦目で何を見ていたのか・・・サッカーに対する姿勢を疑う。

マスコミは
「勝ち点1を獲得し、グループリーグ突破の可能性を残した」と言っているが全くの間違いで、
「勝ち点3を失った」
もしくは、
「勝ち点2を損した」
となぜ言わないか!まだこの試合結果に温情をかけるのか!

ジーコの選手起用に関しては何も言うまい。選手に気持ちが入っていないのが問題だ。



日本人は考え直して欲しい。
これが今までチヤホヤされてきたJリーグの実力なのだ。
甘ちゃんサッカーの実態なのだ。

日本サポーターの現実として恐怖したのは、
試合終了後に映った応援席で嬉しそうに笑顔でいた日本人サポーターがいた。
もしあの映像が世界に流れていたのであれば、世界に対する日本の恥である。

ドイツに行っているサポーターもこの程度の気持ちの人間が行っているのである。もちろん全てではないのはわかっているが、こういった生き物もいるのも現実である。

この試合を見て、「よくやった!」「おもしろかった!」と言えるか?
日本を愛するのであれば、国民一人一人が立ち上がれ!

Jサポーター、仲良しごっこサッカーが君達の望みかい?
いつまで井の中でピチャピチャ水遊びをしているんだ?

もっとクオリティの高いプレーを要求せよ!
韓国の尻尾はもう見えなくなってしまった。

拍手で日本代表を迎えるようになったら終わりだな。


P.S. 忘れてもらっちゃいけませんが、この大会で日本はまだ1点も入れてません。
[PR]
by mau46 | 2006-06-19 14:20 | スポーツ
<< 戦評 6月18日 戦評 6月17日 >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧