あの月に向かって打て



ブラジル対日本 戦評

さて、どこから書けばいいのか・・・

今回は表題を敢えて逆に書いてみた。
胸を借りるという意味で。

最終戦になり大幅にメンバーを変えてきた日本。
中盤の底に稲本を投入した。

ブラジルの強烈なプレッシャーには、
フィジカルがタフな選手が良い。
いや、むしろ稲本しか考えられない。

確かに稲本は所属するチームで出場する機会が少ないのかもしれない。
しかしJリーグでいるよりは、その何倍もタフな経験をしているハズだ。
皮肉にも稲本は機能してしまう。

この試合では完全にDFの脆さが露呈してしまった。
大会前、大会中に、
「得点力不足」「FW不足」
が危ぶまれたが本当は、
『DF』不足だったのではないか?

フィジカルや動きに対応できない。
完全に調整不足のロナウドについていけない。
簡単に振り切られてしまうDFがいる。

前半終了間際の失点は完全にレベルの低さを暴露されてしまった。
集中の切れた時間にボールだけを追うディフェンス。
オフサイドを取れる機会に取りにいかない。

間違っても、
「宮本がいればそんな事はなかった・・・」
とは考えないでいただきたい。一緒である。

しかし日本の得点は評価できよう。
どのテレビでも言わないが、
あの得点の特筆すべき点は稲本のサイドチェンジである。
もちろんDFから“消えた”玉田の動きも申し分ない。
日本でサイドチェンジを試みたのはナカタと稲本だけである。

Jリーグの選手はサイドチェンジを知らない。
知らなくても点が入るのであろう。

私は心の奥底で日本に勝ってもらいたいとは思わなかった。
むしろこてんぱんに負けて欲しいと思ってた。
非国民と言う人もいるだろうが、それはサッカーを知らない者であろう。

日本サッカーは“勝ち”の喜びを知らない。
なんとなく“勝ち”は良い具合に与えられる漠然としたものだと考えているのではないか?

低いレベルのJリーグやアジア予選。
日本はなんとなく勝ててしまうのだ。

そんな中で泥水を飲む勢いで“勝ち”をもぎ取る“執念”が育たない。
2002年W杯が最大の要因だった。なんとなく簡単に決勝トーナメントに進んでしまった。

そして次回W杯から、アジア予選はオーストラリアが加わる。
正直日本は出場できないかもしれない。
いや、本気で強くなるためには出場できない方が良いのかもしれない。

まだまだ田舎者の日本にはW杯という高貴な女性は早すぎた。

キーパーまで控えにされてしまう屈辱を私は初めて見た。
[PR]
by mau46 | 2006-06-23 15:38 | スポーツ
<< 戦評 6月21日 戦評 6月20日 >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧