あの月に向かって打て



戦評 6月22日

○ チェコVSイタリア (0-2)

あのチェコが・・・そんな印象である。今回はケガ出場が危ぶまれていたバロシュを出場させたチェコ。しかしバロシュのパフォーマンスは発揮されない。
そして考えられないような高い打点のヘッドでイタリアが先制。
皆さんに見ていただきたいのは、イタリア2点目のフィリポ=インザーギ(通称ピッポ)である。彼のスタイルは貪欲だ。100回オフサイドを取られても、101回目で決める。そんな精神力・攻撃性を持っている。そんなタフな精神力を持った選手が日本の土壌で育つのか・・・それは難しいが、彼の動きには目を見張るものがある。ボールを持っていない状況でも絶えず動き回り、相手DFをかく乱する。結果オフサイドになってもへこたれない。結局はDFが音を上げてしまうのだ。
彼は89分間眠っていても1分間で仕事をするタイプである。
日本にもこんな突然変異を期待する・・・・

○ ガーナVSアメリカ (2-1)

申し訳ありません。観戦しておりません。

○ オーストラリアVSクロアチア (2-2)

申し訳ありません。観戦しておりません。

○ ブラジルVS日本 (1-4)

絶不調のロナウドの踏み台にされてしまった日本DF。
時折見せるロナウドのサイドステップに中澤・坪井は対応できない。
川口が仕事をしていると言うことは、それだけシュートを打たれていると言うこと。
前半終了間際の同点ゴールは、完全にDFのミス。ボールだけを見て、ブラジル選手を見ていないボーンヘッドである。
そんな幼稚なサッカーでは世界は認めてくれない。
注目はブラジル勝ち越し点を挙げた、ジュニーニョ=フェンルナンブカーノである。
世の中フリーキックはベッカムやロベルト=カルロスだ(え?中村も??)と思っているだろうが、実は世界最高は彼だと思う。
完全な無回転。魔球である。なぜ魔球かといえば、ボールは回転することによって空気抵抗を少なくして飛んでいく。
しかし回転が少なければ、それだけ空気抵抗をボールは受けてしまう。その分、風や大気の流れでボールは気ままに変化する。
そしてジュニーニョ=フェンルナンブカーノのキックだ。
彼の蹴ったボールは『無回転』である。

ジュニーニョのミドルシュートを見て、
「何故川口は止められなかったか!」
と言う人も多かったであろうが、あれは川口が気の毒である。
当事者には考えられないような変化(ボールが揺れる)でゴールに向かってくる。世界であれほど美しい無回転を蹴れる選手はジュニーニョ=フェンルナンブカーノ以外にないであろう。

彼はフランスリーグ、リヨンの中心選手でリーグ5連覇の立役者である。

悲しいかな、
セレソン(ブラジル代表)では、彼は控えなのである。

最後にGKの控えも出されてしまった日本。
これほどの屈辱はない。
ブラジルのカードが余りきった証拠である。

稲本。何故使われない・・・
お前のあふれ出るポテンシャルは、
かならずヨーロッパで華を咲かせるハズだ。
[PR]
by mau46 | 2006-06-23 19:12 | スポーツ
<< 戦評 6月23日 戦評 6月21日 >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧