あの月に向かって打て



トーナメント準決勝 7月5日

○ フランスVSポルトガル (1-0)


大人と子供のサッカー。そういった印象を受けた。

もちろん互いに非常にレベルの高いサッカーを展開したわけだが、
ポルトガルの挑発や欺きに、大人のフランスが乗らなかった。

むしろポルトガルにサッカーレッスンをつけているような感じまでした。
つまりそれはポルトガルのシミュレーション(あたかもファウルを受けたかの様に転倒すること)に対しては、

「そんなことしちゃダメなんだよ」

とやんちゃなポルトガルの頭を撫でながら、たしなめていた。それは決して叱りつけるわけではなく、どこか優しさに満ちていた。
その証拠にフランスのファウルは極端に少ない。ポルトガルと対戦してきたどのチームよりも少ないのではないか。

私はフランスの勝利の要因はそこにあると見た。

つまりポルトガルのサッカーに付き合わず、徹底して自分たちの大人のサッカーを貫き通した。
それがフランスの今日見せた強さであろう。そのサッカーは今日・明日に完成されるものではない。
'98ワールドカップ優勝、ユーロ2000優勝、そして'02ワールドカップのグループリーグ敗退。
彼らにはそんな歴史が積み重なっている。若いチームの挑発にはビクともしない、確固たるサッカーのロジックが成り立っているのである。

そんな中、大人に抗い続ける選手がいた。
クリスティアーノ=ロナウドである。

彼は何度壁に跳ね返されても向かっていった。自分のケガも省みず飛び込んだ。
その度、彼はフランスの壁の高さを知る。

今までの対戦相手ではうまくいった、ずるいプレーもフランスには通じない。
フランスサポーターもサッカーを知っている。
クリスティアーノがボールを持つだけで強烈なブーイング。チームを徹底して助けた。

圧巻はこの試合唯一の得点。アンリが受けたPKだ。

今までのポルトガルのお株を奪う「倒れっぷり」。
そして得たPKを外すジダンではない。

フランスはポルトガルの子ども扱いし、さらにポルトガルの得意技を使って勝った。

ジダンはついに自分の芸術を完成させようとしている。
下地は既に出来上がった。あとはどんなデコレーションで、自分を美しく飾れるかだ。

ジダンに捧げる。

「あとにはまっ白な灰だけが残る…燃えかすなんか残りやしない…。まっ白な灰だけだ。」
[PR]
by mau46 | 2006-07-06 13:07 | スポーツ
<< 3位決定戦 7月8日 トーナメント準決勝 7月4日 >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧