あの月に向かって打て



火事場泥棒はだあれ?

先日、イタリアのプロサッカーリーグ、セリエAの騒動を書いた。
しかし、本来書きたかったのは今回のコラムである。

ユベントスを筆頭に、セリエAで有力なチームが厳罰を受けて降格する事態となった今、それに群がるハゲタカがうろちょろし始めている。

選手にとれば「渡りに船」、チームにとれば「泣きっ面に蜂」と言ったところか。

例えば昨シーズン優勝したユベントスには各国の代表選手が多く所属する。また、ワールドカップで優勝したイタリア代表の選手も多く抱えるチームである。そんなチームを各国のクラブチームが狙わないわけはない。

ここにチームがある。かつて『ギャラクティカ(銀河系軍団←なんで日本語に訳すとこんなにカッコ悪いんだ??)』と呼ばれたレアル・マドリーである。マドリーの前会長ペレス氏は、「1年に一人、スーパースターを連れてくる」と公言し、現に有名選手を獲得してきた。そしていつの日かマドリーは、『ギャラクティカ』を呼ばれるようになった。なんと節操の無い事か・・・マドリーは、不要といわれたベッカムを獲得した事により選手の反発を生み、マドリーの有力選手が退団するという問題も起きた。その有力な選手がスペイン代表DFのイエロであり、ワールドカップで鉄壁の守備を見せたフランス代表マケレレである。マドリーは、守備の補強もそこそこに攻撃陣にスーパースターと呼ばれる選手を獲得していった。

まるで日本のどこかのアホチームと同じである。そのアホチームは愚かなオーナーと愚かな過去のスーパースターの血迷った行動によりチームを破綻させ、現在もその事にも気づかずに愚行を重ねているが、レアル・マドリーはある程度賢いチームである。使えないオーウェンはすぐに放出し、なんとかチームのバランスを保とうとしている。しかし、過去の清算は終わらない。絶対的な守備陣がいない。

そこで目を付けたのが今回のイタリア騒動である。マドリーはまず、監督にユベントスのカペッロを迎えた。そして次の手は・・・ 頭を挿げ替えた後は、首から下と言った感じであろうか。ここぞとばかりに積年のマドリーの弱点を補ってしまおうという考えである。しかも、今までの節操無き獲得と違うのは、監督がユベントスのカペッロだということである。彼がチームバランスを考えて補強を行う。

ユベントスは裸にされている。まるで鳥葬にかけられたかのように、身体の血・肉をむしり取られている。ヨーロッパの強豪はこの弱ったチームの全てを吸い取るのだ。吸血鬼のように。
ユベントスは火の車。選手を繋ぎ止めたくても繋ぎ止める材料がない。ユベントスの本丸は大火事になっている。火事になって逃げ出した選手に対して笑顔で話しかける輩がいる。

さて、ここで問題です。

「火事場泥棒はだあれ??」
e0090292_14223844.jpg

[PR]
by mau46 | 2006-07-19 14:23 | スポーツ
<< ベルカンプに花束を よい子のセリエA騒動解説入門 >>


スポーツに関するコラムを書いてます。
カテゴリ
全体
スポーツ
ロンドン旅日記
シンガポール旅日記
香港旅日記
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧